人工乳房手術の危険性を知る


人工乳房とは、乳がんなどで乳房を失った方が、乳房を再び手に入れるために使用するものです。

しかし、人工乳房は安全なものとは言えません。

人工乳房には、どんな危険性があるでしょうか。



体の中に人工乳房を入れると、人工乳房は異物と認識されて、カプセル拘縮を起こしやすくなります。

最新のバッグは、安全になってきたといわれます。

しかし、カプセル拘縮の可能性が低いだけで、100%大丈夫というわけではありません。

ですから、どんなに安全なバッグを挿入したとしても、カプセル拘縮が起きる可能性を忘れてはいけません。



カプセル拘縮を起こしてしまったら、乳房が硬くなって、形が不自然になります。

痛みを伴うような場合には、再手術をしなければいけないことが多々あります。

再手術では、次のどちらかの方法になります。
 ・人工乳房と一緒に硬縮してしまった部分を取り去る
 ・別のバッグと取り替える



人工乳房の耐久性は、どのくらいあるのでしょうか。

薄い外層の人工乳房は、破損しやすく、破れることもあります。

1990年初めからイギリスで使用されているものは、破れにくいと言われています。

しかし、実際のところは、破損する確率がどれくらいかは分かりません。



人工乳房が破れてしまった場合でも、シリコンジェル人工乳房のほとんどが、シリコンジェルと一緒に体内から取り除けます。

ところが、シリコンが外に漏れて広がってしまった場合には、シリコノマスという塊ができてしまったりします。

このような場合には、局部に激しい痛みを感じます。

激しい痛みを感じたら、すぐに医師に相談してください。

もっと情報⇒ファッションブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93429216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック