豊胸手術の問題点と注意点

豊胸手術を考えたことがある女性はかなり多いでしょう。

現在では積極的に豊胸治療が行なわれるようになっています。
しかし、これまでの歴史では副作用や合併症の連続でした。

女性の乳房は、体の中でも特殊な部分です。
そっくり再現するのは難しいのです。


豊胸手術を成功させるためには、仕上がったバストの継続が求められます。
 ・大きさ
 ・形状
 ・柔軟性
 ・安全性


現在の豊胸術に至ったのは、長年にわたる試行錯誤の結果です。
しかし、それでもまだ100%完璧な手術とはいえません。


この手術における『問題点』や『注意点』とはどのようなことでしょうか。


■ 左右のバストの大きさや形状を完璧に患者の理想通りに仕上げるのは難しい。

患者側の要求があまりに多いと手術後に後悔する可能性があります。


■ 手術後に乳房が硬直する可能性がある。

人工乳腺法による手術では、体内に豊胸バッグという異物を入れます。
それが硬直する可能性があります。
ただし現在使用されているバッグは、医師の指示通りのアフターケアで
解決できるようです。


そのほかの問題点・注意点として以下の点も挙げられます。
 ・切開した部分の傷跡が残ってしまう
 ・成長期の手術は避けたほうが良い
 ・わずかながら授乳する際に障害が起きる可能性がある


手術をする医師側の問題点は、感染症や合併症の発症に対しての注意が必要
という点です。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87208095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック